〒152-0012 東京都 目黒区洗足2-6-12 GINKGO Ave. 1F
03-3710-8241
松島歯科医院

2008/6/22 日曜日

先日校医をしている原町小学校で、RDテスト(むし歯になりやすいかどうかを調べる検査)とブラッシング指導(口の中の汚れを赤く染めて全ての汚れの落とし方指導)の時間を設けた。人にはそれぞれ、あまり磨かなくてもむし歯にならない人といくら磨いてもむし歯にになってしまう人がいる。しかし、どちらにしろきちんとした歯磨きを身につけておかなければ、自分の歯で一生噛むことはできない。そのことを大人になってから(歯が消耗してから)知っても遅いということを、毎日現場で目の当たりにする。生えて間もない時に虫歯の怖さを教え、大人になってもむし歯を作らない術を体得することが、医療費の抑制と幸せな食生活を営めると信じている。

ブラシの当て方を真剣に真似る児童達              

 dscn0842.JPG

 当院のスタッフと写真を提供してくださった川田先生【右端】
dscn0848.JPG

2008/4/8 火曜日

信じられないことに、今までは給食後に歯磨きする習慣がなかった。今春、目黒区学校歯科医会の話し合いで目黒区の小中学校一斉に歯磨きを始めることとなった。

まずは、毎食後には歯磨きの習慣を身につけることが大事だが、徐々に磨き方の腕を上げる対策を考えていきたいと思う。

臨床の現場では、むし歯や歯周病になってから来院する患者の治療が主体だが、小学生の時から、きちんとした歯磨きの習慣を身につけていれば、将来の治療スタイルが変わるはずである。

a.jpgb.jpg

2008/1/31 木曜日

 去年1年間当院での抜歯原因を調べてみました。年間で197本の歯を抜くことになりましたが、1位は85本で親知らずの抜歯でした。この歯は進化の途中で顎の大きさが年々退化してきたために生える場所がなくなったことが原因で20~30代が多くを占めます。2位は歯の破折で45本でした。原因は、神経を失った脆い歯に歯ぎしりや食いしばりによる過度の力が掛かったためだと推察しています。3位は歯周病が原因で34本、4位はむし歯で11本でした。この結果から、むし歯や歯周病は正しいブラシの習慣が身につけばそれほど怖くない病気だと言えそうです。その反面、ストレスの多い現代社会では、無意識のうちに夜の食いしばり運動が多くなってきている気がいたします。

対策としては2つあります。ひとつは、日ごろから食いしばらないように自己暗示に掛ける方法です。しかし、この方法はなかなかうまくいきません。そこで2つ目のマウスピース療法をお勧めいたします。医院で歯形を取りその人の歯に合った装置を装着して眠りに就きます。最初は違和感がありますが、慣れれば安心して床につけます。もちろん私も、もう20年近く着けてやすんでいます。きっと仕事を辞めるまでは手放せないでしょう。

2007/10/24 水曜日

去る10月16日(火)に校医をしています原町小学校にスタッフ全員(6名)で歯科健診に行ってきました。昔に比べ歯に関する情報もありふれているにもかかわらず、むし歯が減らないのは何故でしょう?ひとつは、砂糖入りのお菓子が充満していること。もうひとつは、ハブラシはしているもののフロス(糸ブラシ)の使用が定着していないことが考えられます。

img_0056.JPG 

 10月から東京23区の小中学生は、歯科の保険治療代が無料になりました。早めに受診して、永久歯を早期にむし歯にしないようチェックしましょう

2007/9/1 土曜日

8月24(金)~26(日)にかけて、毎年恒例のスタディーグループ(救歯会)サマーセミナーに参加しました。ただでさえ休みの多い8月に診療を休むのは、患者さんにご迷惑をお掛けすることになるのですが、これも医療の質を維持するためには必要なことなのです。総勢38名が全員発表し、厳しいチェックを受けることにより、医の中の蛙(俺は1番良い治療をするとゲロゲロうるさい歯医者のこと)にならないと思う。

summer.jpgmatsu.jpg真剣にプレゼンテーションする筆者

歯科治療に完璧ということはないけど最善の治療を目指すためには、多くの勉強熱心なプロの目が必要である

                                                           By Rick

HTML convert time: 0.156 sec. Powered by WordPress ME


ホームご挨拶院長ブログスタッフルーム診察について院内のご案内交通のご案内
Copyright (C) 2007 松島歯科医院 All rights reserved.